老け顔防衛大学-antiaging univercity- 日本形成外科学会専門医 高須幹弥 先生 監修

しわについて

二限目 今までの日焼け量が明暗を分ける しみ
三限目簡単に治りそうで、治らない
目元、おでこ、眉間のしわ治療

しわについて
各パーツごとにしわになる原因と対策を徹底解明

しわについて

しわの原因はコラーゲンやエラスチンという筋肉繊維が、年齢と共に減少するから。

年齢と重ねるとともに刻まれるしわ。 経験を重ねるとともに磨かれた内面を、さらに魅力的に発揮するには、若々しい肌と表情が必要だと感じる人が増えています。
相手が「この人、老けたかも」感じるとき、何が決め手になるかというと、やはり「しわ」だとは思いませんか?

さて、そもそもなんでしわはできてしまうのでしょうか。 肌の内部に目を向けると、健康な皮膚の下は、みずみずしいコラーゲンがギュッと束になっていて、真皮を支えています。 それを縫うようにして筋肉繊維の「エラスチン」が張り巡っています。

コラーゲンもエラスチンも新陳代謝が活発な20代くらいまではどんどん生成されるのですが、30代になるとガクンとその代謝量が低下...。
だから、肌がたるみ、それを放っておくとしわになってしまうんですね。

それに加えて、紫外線に当たることも、しわを悪化させる原因に。 紫外線は、皮下のコラーゲンに深刻なダメージを与えます。 さらに、筋繊維のエラスチンから弾力を奪ってしまうのです。 だから、日焼けした後は、肌が疲れたような印象になるんですね。
もちろん、きちんとケアしないと、しわの深刻化につながります。

紫外線のケアをしていても、小じわが気になるという人が急増していますが、その背景にはエアコンによる乾燥があります。 乾燥した空気にさらされていると、表皮の部分が乾いてはがれやすくなり、皮膚にすき間ができてしまうんですね。
ここから、肌の水分が蒸発し、皮膚は弾力を失うどころか固くこわばり、小さなしわに。

乾燥した空間にいることが多い人は、肌に合ったスキンケアアイテムで、どれだけ保湿できるかが、しわになるか、しわにならないか、の勝負どころになるんですよ。

他の科目に進む

ほうれい線 深くなればなるほど老け顔が目立って見える! 老け顔度80% 解消法CHECK しみ 今日までの日焼け量がすべての明暗を分ける! 老け顔度60% 解消法CHECK 目の下のたるみ もはやマッサージではどうにもならない! 老け顔度70% 解消法CHECK
目の下のクマ 寝れば治るは都市伝説! 老け顔度60% 解消法CHECK 頬のたるみ 一度たるんだら元に戻すのは至難の業! 老け顔度80% 解消法CHECK 監修 ドクター紹介 日本形成外科学会専門医 高須幹弥 詳細を見る
高須クリニック
高須先生の老け顔解消法
高須先生が手がけた
若返り法
高須先生の老け顔解消法 高須先生が手がけた若返り法
ビューティーコラム
ビューティーコラム
老け顔対策
老け顔体験談