老け顔防衛大学-antiaging univercity- 日本形成外科学会専門医 高須幹弥 先生 監修

肝斑

二限目 今までの日焼け量が明暗を分ける しみ
二限目今までの日焼け量が明暗を分ける
顔のしみ、そばかすを消すしみ治療

肝斑
できてしまった「しみ」の悩み別対処法~肝斑編~

肝斑について

肝斑はベージュや茶色がかったしみが頬の目立つところに出てきます。

日本人女性の肌悩みの代表格ともいえる肝斑。特に妊娠や出産経験のある人、更年期の人、ピルを飲んでいる人の多くが、「最近、すっごくしみが増えた」と感じたなら、ほぼこの肝斑ともいえます。

そういう背景もあり、ホルモンが密接に絡んでくるとも言われていますが、そうでないケースもあり、さまざまな原因が複合的に絡んでくるとも考えられています。
ちなみに色白と言われる人よりも、どちらかというと浅黒いと感じている人が多いようです。

肝斑の特徴は、ほぼ左右対称であること。 大きさがぽつぽつと点状のものあれば、コインくらいの大きさのものもあります。 色も茶褐色、灰色などさまざま。
妊娠しているときに、この肝斑が現れ、出産すると少しずつ消えたという人もいますが、多くの人が長期的に肌に残ることに悩んでいるようです。

また、原因はホルモンばかりではなく、紫外線にあたりやすい頬などの部分に症状が現れやすいこともありますし、転職や職場の移動などでストレス過多で悪化したケースもあります。

対策としては、肌への美容治療がいちばんの近道。
経験豊富な医師のカウンセリングで、ベストな解決策を探り、美しい肌を取り戻したいものです。

おすすめの肝斑治療

イオン導入
肝斑の原因はさまざま。まずは、美白効果が高いイオン導入で改善を試みるとベターかもしれません。
美肌成分の分子を小さくし、角質層の隅々まで、肌に安定して吸収させます。
プラセンタ注射
保湿、美白など高い美容効果に優れている成分「プラセンタ」を肌に直接注射し、圧倒的な若返り効果を期待するもの。
成分や注射の位置で効果が左右されることもあり、信頼できるクリニックがオススメ。
トレチノイン・ハイドロキノン
しみ対策効果が高い成分を、毎日のスキンケアに取り入れて美肌になる方法。おうちでもケアできる塗り薬だから、いつもの肌ケアにプラスするだけ。ピーリング効果もあり、古い角質を同時にOFFしてぷる肌に。
金の糸
肌の真皮層に金の糸を張り巡らす美容治療。この刺激で肌細胞が活性化。
シミやくすみをおさえて、リフトアップにも効果を発揮するというもの。切らないのに効果が高いのも支持される理由。

他の科目に進む

ほうれい線 深くなればなるほど老け顔が目立って見える! 老け顔度80% 解消法CHECK しわ 一見簡単に治りそうで意外と深刻! 老け顔度90% 解消法CHECK 目の下のたるみ もはやマッサージではどうにもならない! 老け顔度70% 解消法CHECK
目の下のクマ 寝れば治るは都市伝説! 老け顔度60% 解消法CHECK 頬のたるみ 一度たるんだら元に戻すのは至難の業! 老け顔度80% 解消法CHECK 監修 ドクター紹介 日本形成外科学会専門医 高須幹弥 詳細を見る
高須クリニック
高須先生の老け顔解消法
高須先生が手がけた
若返り法
高須先生の老け顔解消法 高須先生が手がけた若返り法
ビューティーコラム
ビューティーコラム
老け顔対策
老け顔体験談