老け顔防衛大学-antiaging univercity- 日本形成外科学会専門医 高須幹弥 先生 監修

しみの原因

二限目 今までの日焼け量が明暗を分ける しみ
二限目今までの日焼け量が明暗を分ける
顔のしみ、そばかすを消すしみ治療

しみの原因
できてしまった「しみ」の悩み別対処法~しみの原因編~

しみの原因

しみの原因は紫外線・加齢・ホルモンバランスの乱れ・ストレス・栄養の偏り・睡眠不足等

スキンケアを念入りにしていても、加齢とともに目立ち始めるしみ。
ふと鏡を見ると、顔中に大小のしみが散っていた、という人も少なくなくありません。
では、なぜしみはこんなに増えてしまうのでしょうか。

その主な原因は、紫外線に当たることが考えられます。 紫外線に当たると、皮膚の下では体を保護するために、メラニン色素が出ます。 この色素がそのままの状態で残ってしまったのがしみなんですね。 つまり、体のバリア機能の一つなのです。 ですから、皮膚をはじめとする体の抵抗力が加齢ととも落ちるから、しみができるのは当然ともいえます。 もうひとつ知っておきたいのは、肝斑(かんぱん)というしみのこと。
これは、淡褐色のしみとして、大小さまざまに現れます。 特に、30~40代の日本人女性はこの肝斑ができやすいとも言われています。 この特徴は、両頬や額、下顎、口のまわりに、ほぼ左右対称にできること。 ポツポツと点状のものもあれば、大きいものもあります。
ホルモンの関連も指摘されており、妊娠・出産を経験した人、ピルを飲んでいる人、更年期の人は要注意。
しだいに薄くなる場合もありますが、多くの人はそのまま定着してしまうようです。

ほかにも、栄養のバランスの乱れ、睡眠不足、ストレスなどさまざまな原因が複合的にからんでくるのがしみ。
安易にレーザーなどでとればいいというものではなく、豊富な経験がある医師が、カウンセリングをして、その人にあったアプローチをしないと、悪化する可能性は否めません。

また、卵巣機能の低下、色素細胞の生成に関わる副腎皮質機能の低下、自律神経の乱れなど、しみが出ることは不調のサインという指摘もあります。 つまり、心身両面の健康が深く関わってくるので、偏りのない食事や、たっぷりと眠ることなど、生活を見直してみることも大切です。

おすすめのしみ治療

フラクセル
直径0.1㎜と目では確認できないほどの細かいレーザーを、点状に当てることで、肌細胞を活性化→再生を促す美容方法。健康な肌へのダメージが少なく、さまざまな肌悩みに対応。
フォトRF
レーザー光と高周波をあてて、その相乗作用で若々しい肌に導く。リスクが少なく、肌がみずみずしくよみがえると評価が高い。アンチエイジングを狙いたい人に。
IPLフォトフェイシャル
ナチュラルに美肌になると評価が高い。しみ・そばかすなど、さまざまなお肌のトラブルを改善に導く、レーザー治療の一種。従来のレーザーに比べて、光の力が優しく、肌に負担をかけにくい。
イオン導入
美白効果が高い定番の美肌治療。美肌成分の分子を小さくし、角質層の隅々まで、肌に安定して吸収させる美容メソッド。ビタミンC誘導体などで、シミ対策や美白に効果を発揮。
プラセンタ注射
保湿、美白など高い美容効果に優れている成分「プラセンタ」を肌に直接注射し、圧倒的な若返り効果を期待するもの。成分や注射の位置で効果が左右されることもあり、信頼できるクリニックがオススメ。

他の科目に進む

ほうれい線 深くなればなるほど老け顔が目立って見える! 老け顔度80% 解消法CHECK しわ 一見簡単に治りそうで意外と深刻! 老け顔度90% 解消法CHECK 目の下のたるみ もはやマッサージではどうにもならない! 老け顔度70% 解消法CHECK
目の下のクマ 寝れば治るは都市伝説! 老け顔度60% 解消法CHECK 頬のたるみ 一度たるんだら元に戻すのは至難の業! 老け顔度80% 解消法CHECK 監修 ドクター紹介 日本形成外科学会専門医 高須幹弥 詳細を見る
高須クリニック
高須先生の老け顔解消法
高須先生が手がけた
若返り法
高須先生の老け顔解消法 高須先生が手がけた若返り法
ビューティーコラム
ビューティーコラム
老け顔対策
老け顔体験談