老け顔防衛大学-antiaging univercity- 日本形成外科学会専門医 高須幹弥 先生 監修

ビューティーコラム

実習・美容やアンチエイジングに
実習美容やアンチエイジングに
ビューティーコラム
老け顔防衛大学TOP > ビューティーコラム

シミ取りやしわ取り、たるみ取りなど美容やアンチエイジングに関する
コラムをご紹介します。

ストレスがしみの原因に!?
丁寧に日焼け止めを塗っているというのに、知らないうちにシミができてしまったという人は多いですよね。
その原因はストレスにありました。緊張を感じ続けることで、ホルモンバランスが乱れ、メラニン色素の分泌量が増えてしまうから、シミはあれほどまでに広がるのです。
その解決策を知り、なりたい肌になりましょう。
ほうれい線を気にせず笑顔美人
年齢が同じにも関わらず、見た目が老けて見える人はどうして?若々しい人のほうれい線は目立たないもの。
でも、顔全体がたるんでしまっていては、もう手遅れ...とあきらめることはありません。ほうれい線を気にして、笑顔恐怖症を克服するための、近道はたくさんあります。
手間をかけずに、溝を浅くする方法は...?
乾燥としわの深~い関係
オフィスにいてもエアコンなどで乾燥にさらされてしまいます。乾燥するとシワができるのは、残念ながら本当です。
メカニズムは、乾燥によって肌の表面の角質層が毛羽立って傷がつき、そこから水分が蒸発し、表面がこわばってしまうことにあります。その修復機能は加齢により衰える一方......その対策方法を紹介します!
たるみは毛穴を目立たせる、美肌の大敵!
年齢を重ねるとともに避けられないたるみ。肌のたるみは、毛穴の広がりに繋がります。
すり鉢状に広がった毛穴は、余分な汚れがたまりやすいもの。
洗ってもなかなか落ちず、肌に残り続けると思わぬ肌トラブルに...。
セルフケアでは時間がかかるたるみの改善を短時間で行うには、最新医療の力を借りるのも一つの選択です!
60歳が20歳にまで若返るって本当の話?
アンチエイジング技術による進歩が目まぐるしい今、最新の医療技術は老け顔防衛に役立っているのでしょうか?
美容医療の現場では再生医療の実用化が始まっています。
この機会にぜひ!老け顔防衛の最先端について勉強してみましょう。
再生医療で老け顔が防げるの?
老け顔防衛に役立つ再生医療について改めて確認してみましょう。
自分の細胞を利用した自己組織の培養や幹細胞を移植して新しい組織を作る方法など様々な再生医療があります。
老け顔対策にとって技術の進歩は頼もしい限りです。
再生医療で、どんな老け顔対策ができるの?
PRP治療と言われている多血小板血漿治療は老け顔防衛に効果的な治療として何年も前から行われています。
自分の血液を採取して有効成分のみを取り出し濃縮、若返りたい部分に注射。
たったこれだけの治療で自然にじっくりと老け顔防衛ができるのです。
化粧品で30才も若くなれるってホント?
化粧品を使用するだけで肌年齢が30歳も若くなれたら素敵ですよね。
塗るだけで若返れる化粧品の開発はまだ先の話になりそうですが、その日が来るのは待ち遠しいものです。
開発されるまでは地道に老け顔の対策を心がけが必要ですが、日々の努力は必ず老け顔防衛に対して効果が出るはずです。
もうちょっと手軽に肌細胞を再生できないの?!
手軽に老け顔の対策をしたい・・・。
誰もが常に思う事ですが、すでに美容医療のメニューにあるって知っていましたか?
光治療やレーザー治療の熱エネルギーによって深部加熱治療が、自分が持っている肌の再生する力として後押ししてくる治療になります。
高須クリニック
高須先生の老け顔解消法
高須先生が手がけた
若返り法
高須先生の老け顔解消法 高須先生が手がけた若返り法
ビューティーコラム
ビューティーコラム
老け顔対策
老け顔体験談