老け顔防衛大学-antiaging univercity- 日本形成外科学会専門医 高須幹弥 先生 監修

ほうれい線を気にせず笑顔美人

実習・美容やアンチエイジングに
実習美容やアンチエイジングに
ビューティーコラム
老け顔防衛大学TOPビューティーコラム > ほうれい線を気にせず笑顔美人

ほうれい線を気にせず笑顔美人

ほうれい線を気にして、笑顔恐怖症を克服するための、近道はたくさんあります。

同じ年齢でも、見た目が若い人と老けている人がいるの?若く見える人のほうれい線は目立ちません。

しわを気にして笑顔恐怖症になる人が増えるのは、30代半ば頃から。早い人は20代後半でほうれい線が気になり始めます。

ほうれい線の根本的な原因をお話しますと、それは、頬の皮膚のハリの低下、そして筋肉の衰えによる、たるみです。 頬全体が下に落ちてくることにより、あの溝がどんどん深くなっていくのです。

対策のための化粧品や美容メソッドは多くありますが、根本的に解決するためには、美容専門医の力が不可欠になります。
その理由は、ほうれい線の原因は、皮下の筋肉や脂肪層にあり、そこにアプローチできるのは医師だけだから。
筋肉や脂肪などお肉全体を引き上げないと本当の解決にはつながりにくいんですね。

もちろん、皮膚の上から化粧品でケアしたり、いわゆる「プチ整形」の注射をしたりして、一時的に刻まれたほうれい線を埋めることも可能ですが、短期間でその効果が終わってしまうと感じる人が多いようです。

というと、「切って引っ張り上げるしかないの?」と思う人も多いですが、そんなことはありません。
その根本的解決には、頬の皮下組織に働きかける最新美容機器が登場しています。
信頼できる医師と、自分に合った施術を選択して、笑顔美人になってください。

もちろん、それだけでなく、日ごろから顔の筋肉を動かして、皮下の筋肉層を鍛えることも大切です。
例えば、「あ・い・う・え・お」の口の動きを、筋肉を意識しながらすると、長期的なほうれい線対策に繋がります。

他の解消法も比較して、自分にあった解消法を実践しましょう。

ほうれい線 深くなればなるほど老け顔が目立って見える! 老け顔度80% 解消法CHECK しわ 一見簡単に治りそうで意外と深刻! 老け顔度90% 解消法CHECK 頬のたるみ 一度たるんだら元に戻すのは至難の業! 老け顔度80% 解消法CHECK

おすすめの治療法をCHECK

高須クリニック
高須先生の老け顔解消法
高須先生が手がけた
若返り法
高須先生の老け顔解消法 高須先生が手がけた若返り法
ビューティーコラム
ビューティーコラム
老け顔対策
老け顔体験談